サラフェの使い方

サラフェ(sarafe)の上手な使い方は? 使用感はどんなもの?

サラフェを使用してもあまり効果を感じられないという方もおられるようですが、しっかりと使用法を守ってサラフェを使うとかなりの制汗効果が期待されます。

 

また、顔に塗る製品という事でその使用感が気になっている方も多い様ですね。そこで、このページではサラフェの上手な使い方とその使用感について説明しようと思います。

サラフェの使用感てどんなもの?

サラフェの使用感については気になる所ですよね?

 

ジェルが硬くてまったく伸びなかったり、白残りしたりしては顔に使用するものとしてはあまり使いやすくはありませんもんね。私も海外の製品を使用してみたところ、確かに制汗効果は感じられたのですがずっと顔がつっぱってしまいこれは私には合わないなと思って使用をやめたことがありますね。

 

サラフェも公式サイトの写真などをみると、とてもしっかりしたジェルに見えますよね。また肌がつっぱったら嫌だな〜と思いながらも一応国産の顔用制汗剤という事でサラフェを試すことにしてみました。

 

しかし実は、しっかりしたジェルなのかなと思わせておきながら実はサラフェのジェルはとても柔らかく、ジェルの伸びもかなり良いです。

 

肌に伸ばすと透明になり、全然ベタつかずにサラッとした使用感です。メントールが入っているのでサラフェを塗りたての時は少しひんやりとして気持ち良くメイクする事ができます。

 

サラフェには芍薬エキス等の整肌成分や、ヨクイニンエキスなどの保湿成分も含まれているため、メントールによるスッキリ感はあるもののお肌は軽くしっとりして保湿されているのを感じることが出来ます。

 

夏は汗を拭きとる回数の多い汗かきの人ほど乾燥肌になってしまう事があるので、これはうれしいポイントですね。

顔用制汗剤サラフェ(sarafe)の上手な使い方は?

まず、サラフェの通常の使い方をおさらいしておきましょう。

 

 

顔全体に塗るだけ! これだけなんですよね(笑)

 

朝はスキンケアの後にお肌に塗りこんで、そのままメイクをするだけです。

 

日中のメイク時には、サラフェを顔に伸ばしていくとメイクが崩れてしまいますので、指先にサラフェを少しのせてトントンとたたき込む感じで気になるポイントに塗りこんでいきます。

 

制汗効果を持続させるポイントは何といってもケチらないことですね。真珠大程度の分量をキチンと塗り込む事が大切です。この時に分量をケチってしまうと制汗効果がかなり押さえられてしまいますのでしっかりと分量を守って使用するといいですね。

 

また、洗顔後に水分をきっちりと拭き取ってからジェルを塗る事も重要です。洗顔後に少しお肌を乾かしてからサラフェを使用するといいですね。

 

サラフェの効果と口コミでの評判 TOPへ