パラフェノールスルホン酸亜鉛について

サラフェに含まれるパラフェノールスルホン酸亜鉛の効果って?

最近の制汗剤やデオドラントクリームにはパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が含まれています。聞き慣れない言葉ですが、この成分が汗を抑えるのにとても重要な役割をしています。

 

亜鉛とは簡単に言い換えると金属製の塩分(ミネラル)のことです。私たちの体の中で細胞分裂や新陳代謝などを助けてくれる成分ですが、制汗剤においてはどのように作用しているのでしょうか。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果について

パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗剤の中で収斂剤(しゅうれんざい)として配合されています。収斂作用とは簡単に言ってしまうと、汗を抑えるということです。

 

汗の中にはたんぱく質や脂質が含まれます。パラフェノールスルホン酸亜鉛はその汗の中のたんぱく質と結合して固まるという効果があります。この固まった物質によって汗腺の出口が塞がれ、必要以上に分泌される汗の量を減らすことができるのです。

 

また汗の臭いを軽減する効果も期待できます。と言ってもパラフェノールスルホン酸亜鉛自体に消臭効果や殺菌効果があるわけではありません。そもそも汗が臭うのは、分泌された汗に雑菌が繁殖してしまうためです。つまり雑菌がエサとして好む汗の量が減れば、必然的に臭いも軽減できることになります。特に脇などから出る汗には皮脂が多く含まれており雑菌が繁殖しやすいところですので、パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているワキガクリームなどは臭いを抑えるという観点からもおススメできますね。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の安全性について

パラフェノールスルホン酸亜鉛について、気になるのはやっぱり肌への影響や副作用についてですよね?
直接肌につけるものとなるとやはり安全性は重要です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛自体は比較的毒性の低い成分であると言われています。

 

同じ制汗作用のある成分には塩化アルミニウムなどがありますが、これらと比べても刺激の少ない成分です。傷口を治すための軟膏にも含まれているほどですが、これはパラフェノールスルホン酸亜鉛に収斂作用の他“止血”や“鎮痛”の効果があるためです。つまり肌に塗っても比較的安心な成分であるということが言えます。皮膚が薄い顔部分につけても肌トラブルに繋がる可能性は低いと思われます。

 

ただしアレルギーを持っている方、アトピー性皮膚炎の方などは注意が必要です。最初は少量ずつつけるなど、様子を見ながら使うといいですね。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は刺激も少なく多汗でお悩みの方には注目の成分です。

 

制汗剤やワキガクリームを選ぶ際は他に着色料や香料など刺激となるものが少ないもの、また天然成分などでできたものは肌に負担がかからないのでおススメです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

サラフェの効果と口コミでの評判 TOPへ