多汗症の原因と特徴

ただの汗っかきとは違う? つらい多汗症の原因と特徴

汗をたくさんかいてしまう… これって多汗症?

 

人より汗をかく量が多いと何かの病気ではないかとつい心配してしまいますよね?ですが“汗っかき”と“多汗症”は違います。

 

では、その違いをご存知でしょうか?汗っかきは水分をたくさんとることで汗の分泌が増えている状態、または皮膚が薄いため体温が上がりやすく、汗をたくさん分泌することで熱を下げている状態が考えられます。

 

では多汗症とはどういった状態を言うのでしょう?ここでは多汗症の特徴についてまとめていきたいと思います。

 

多汗症の特徴とは?

多汗症には次の2種類が挙げられます。

 

・続発性多汗症
・原発性多汗症

 

続発性多汗症は糖尿病、痛風などの疾患が原因で発汗します。

 

原発性多汗症は原因となるものがありません。ただ神経症が大きく関係していると言われており、緊張や不安、興奮、また「恥ずかしい」という感情や焦りを感じたとき、異常な量の汗をかいてしまうのです。これを精神性発汗と言いますが、このような精神的なものが原因で発汗してしまうところが汗っかきとの大きな違いです。

 

また汗は体温を下げるために分泌されますから、しっかりと体温が下がったら分泌も止まります。ところが多汗症になると体温が下がっても、また緊張などが治まっても止まらずに汗が出続けてしまいます。普通は自律神経の働きで「体温が高いから汗を分泌して下げる」「体温が下がったから汗を止める」ということが正常に行われるのですが、多汗症の場合この自律神経が異常を起こしてしまっているため発汗の調整ができなくなっているのです。

 

顔にたくさん汗をかく 顔面多汗症

同じ多汗症でも汗をかく場所は人それぞれです。

 

全身にかく人もいれば、手汗がひどい人、足底に多くかく人もいます。その中に顔面多汗症と言って顔に多く汗をかく人もいます。

 

顔面多汗症の原因としては、精神的なもの、自律神経の乱れの他に運動不足も考えられます。普段汗をかくことがないと冷えやすい下半身などの汗腺の機能が低下し、顔から多く汗を分泌するようになってしまうのです。また更年期の女性の方にも多く見られます。年齢を重ねるにつれて女性ホルモンの分泌量が減り、バランスが崩れてしまうことが原因です。

 

多汗症の治療は何をする?

自律神経の一つである交感神経の異常を改善するために、交感神経の切除手術、あるいは交感神経をアルコールなどで遮断する方法が多くとられています。精神的なものが影響していますので心理療法を行っているところもあるようです。症状がひどい方は皮膚科や美容外科などに相談されることをお勧めします。

 

汗をたくさんかくだけなのに病院なんて…とためらわれる方もいるかもしれませんが、多汗症は病気です。制汗剤などを使っても症状が変わらない場合はぜひ一度クリニックなどを受診してみてくださいね。

 

サラフェの効果と口コミでの評判 TOPへ