良い汗と悪い汗について

あなたが普段かく汗は良い汗?それとも悪い汗?

暑さを感じたとき、緊張したとき、辛い物を食べたときなど、私たちは普段からいろいろな場面で“汗”をかきます。ですが同じ汗でもかいた後すっきりする汗と、なんだかすっきりしない…不快感が残る汗があると思いませんか?

 

成分はほぼ同じなのになぜ違うように感じるのでしょう。それにはちゃんとした理由があるのです。

良い汗と悪い汗の違い

貴方も御存じのように、汗の役割は体温調整です。

 

体温が上がると脳が「汗を出しなさい」と体に指示をします。そうするとエクリン線という汗腺が汗を分泌し、体温が下がります。エクリン線は全身にあり、汗の特徴としてはサラサラとしてすぐに蒸発する、また臭いがほとんどないことが挙げられます。つまりこれが良い汗ですね。

 

エクリン線の他に、アポクリン線という汗腺があります。脇などにある汗腺で、ここから出る汗はベタベタとして乾きにくく体に残り、強い臭いがするのが特徴です。このような汗が悪い汗になります。
ところがこの悪い汗が出るのはアポクリン線からだけではありません。本来サラサラとした良い汗を出すはずのエクリン線からも出てしまうことがあります。なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか。

 

良い汗と悪い汗が出るメカニズム

脳から体温調整の指示が出ると、血液中の水分は塩分と熱を取り込み汗腺から出ようとします。このとき体に必要と判断される塩分は体の中に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗となって体の外に出されます。

 

ところがこの再吸収がうまくいかないと塩分が水分の中に多く残ったまま汗となって出ていってしまいます。この塩分を多く含む汗こそが、ベタベタとした臭いの強い悪い汗なのです。また緊張や不安を感じたときに出てくる汗も突発的に大量の汗が分泌されるため再吸収が追い付かず、ベタベタとした悪い汗になると言われています。

 

悪い汗になる原因と対策

再吸収がうまくいかず悪い汗となってしまう原因として汗腺の機能の低下が考えられます。これはお肉中心の生活、ストレス、運動不足などから起こります。

 

汗腺が正常に働くようにするための対策として、次のようなことが挙げられます。
・適度に体を動かす
・湯船に浸かる時間を増やす
・香辛料など辛い物を食事に取り入れる
・部屋の設定温度を上げる

 

これらにはある共通点があるのですが、何だか分かりますか?

 

それは汗をかく場面を増やすということです。汗腺は使われることで鍛えられていきますので、普段から意識して汗をかくようにすることで汗腺の機能も戻り、良い汗がかけるようになってくるのです。

 

汗対策にはもっと汗をかくことと言うのも変な話かもしれませんが、脇以外の汗も何だかじっとりとしていて臭いが気になるという方は、普段から汗をかく習慣をつけてみてください。

 

良い汗をかけるようになれば格段に汗のケアもしやすくなりますので、ぜひ意識してみてくださいね。

 

サラフェの効果と口コミでの評判 TOPへ